×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

国内短期留学のススメ

子どもへの早期英語教育

 

 

 

この記事は子どもに国内留学をさせたいと思っている親御さんに対して書きたいと思います。

 

 

幼い子どもを対象とした英語教育(早期英語教育)において

 

 

通常、単語や文章を読ませたり、書かせることよりも英語の音を耳で聞かせることに重点が置かれます。

 

 

それは、何語を母国語とするかに関わらず、

 

 

子どもが両親を始めとする周りの人々が話す「音声としての言語」を通じて母国語を自然に習得していくプロセスに似ています。

 

 

そして、長年の言語教育研究によって、そのような音を中心とした言語教育にはある程度の年齢的な限度があることがわかっています。

 

 

9〜10歳までの期間を臨界期と呼び、子どもはこの期間脳がスポンジのように柔らかく吸収しやすいのです。

 

 

仮にその期間に英語を耳で聞く習慣を経験していれば、しばらく英語から遠ざかったとしても後英語教育が格段にレベルアップしたものになります。

 

 

また、早期から英語を聞く環境に置かれていれば日本人が苦手とされているLとRやCとKの違いの聞き分けることができると言われています。

 

 

聞き分け能力は一朝一夕で手に入れることができなく、大人になってからでは相当な鍛錬が必要となってきます。

 

 

つまり、その期間に両親とともにでも英語を聞くことができる環境、留学をしていれば将来の子どものためになります。

 

 

今ですら英語が最重要視される時代。

 

 

今の子どもが大人になった時の英語の重要度は言うまでもなく上がっています。

 

 

子どもの選択肢を増やしてあげるという点でも早期の英語学習、短期国内留学をおすすめします。


国内留学と海外留学の比較 子どもへの早期英語教育 ホームステイで始める国内短期留学 国内短期留学の例